需要の高さで人気爆発【コインパーキング経営で資産運用】

建物

人気の不労所得の代表

マンション

収益保障が魅力だが

家賃保証という言葉は、不動産経営の素人には魅力ある言葉である。将来の暮らしが年金では担保出来なくなっている今日、高齢になって働く事が困難な状況になっても安定した収入があれば越した事はない。所謂、不労所得の代表格がマンション、アパート等の賃貸物件のオーナーになって家賃収入を得る事が上げられる。しかし、素人には、手を出しにくい面も多々ある。中高年者に多額の預貯金が集まっている現実もあり、賃貸物件を建設し、家賃保証と言う目玉を付け、個別の戸数毎に販売する業者が多くなってきている。大都会等人口が集中する地域に家賃保証付きの物件が数多く建設され、地方に住む人たちへの広告宣伝も行き渡っているのが現実。地方に居ても家賃保証され、管理の手間も業者が担ってくれることから今人気が上昇している。

採算性の保障とは違う

資金に余裕がある人なら別だが、大都市のこの様な物件は比較的高価であり、購入資金を借り入れで賄う事が多い。家賃保証は、一般的に一括借り上げ方式なるもので行われる事が多いが、家賃そのものは、競争相手、需要の状況等その地域の情勢により変動していくものであり、必ずしも一定の金額の支払いが永久に保証されるものではない。つまり、家賃保証はあっても賃貸料金は減額されることもあり得る事である。税金等物件の維持管理費など、新たな出費もあり、収入面だけで安易に購入を決断するのは禁物である。業者によって不動産管理の手腕に差があり、建築物の耐久性等将来に向けての安定性、経済情勢を十分に調査した上で、信頼できる業者を選定していくことが賢明である。